現在地
トップ > オプション > ひかり電話

ひかり電話

※このページはNTT東日本のサービス内容をベースに作成しております。NTT西日本エリアの方はご参考としてご覧いただき、正しくはNTT西日本のサイトをご確認ください。

楽天ブロードバンド フレッツ光で利用できるお得な光IP電話サービス

※1 加入電話、INSネット、ひかり電話への通話料。(「テレビ電話」の通話料および「データコネクト」の通信料については料金が異なります)

※2 基本プランの月額利用料。フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ以外のマンションタイプをご利用のお客さまで、NTT東日本がレンタルで提供するひかり電話対応機器をお使いの場合、別途450円/月がかかります。

ひかり電話とは?

ひかり電話 ※1とは、フレッツ光回線を利用したIP電話です。今使っている電話機、電話番号をそのまま※2,※3に、加入電話、INSネット、ひかり電話への通話は全国一律3分8円※4で、月額基本料は500円からご利用いただけるおトクな電話サービスです。

※ 通話時間が短い場合や割引サービスの加入状況などによっては通話料がお得にならない場合があります。

※1「ひかり電話」のご利用には、フレッツ光(Bフレッツは対象外)の契約が必要です。

※2 G4FAXなど、一部の電話機はご利用いただけません。

※3 一部、現在ご利用中の電話番号をそのままご利用いただけない場合があります。また、現在ご利用中の電話番号をそのまま利用する場合、別途工事費がかかります。

※4 加入電話・INSネット・ひかり電話へ発信の場合。国際電話・携帯電話・PHS・050IP電話・テレビ電話等への通話料金は異なります。

セットでお得なひかり電話A(エース)

最大3時間相当分の通話料と6つの付加サービスがセットのひかり電話A(エース)なら、1,500円でとってもお得です。

最大3時間相当分の通話料と6つの付加サービス

※1 480円分の通話料は、NTT東日本/NTT西日本の加入電話、INSネット、ひかり電話への通話が対象です。なお解約月は、日割り計算いたしません。携帯電話などへの通話については対象外となります。

※2 翌月に繰り越した通話料を翌月に使い切らなかった場合、無効となります。

※3 ナンバー・ディスプレイのご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応電話機が必要です。

通話料も安い

ひかり電話は、一般加入電話、INSネット、ひかり電話への通話料が全国一律8円/3分!※1
海外や携帯電話への通話料もおトクです。※2

(例)NTTドコモの携帯電話に20分電話したら最大46%もお得!

※ 通話料は、通話時間が短い場合や割引サービスの加入状況等によって異なる場合があります。

※1 加入電話・INSネット・ひかり電話へ発信の場合。国際電話・携帯電話・PHS・050IP電話・テレビ電話等への通話料金は異なります。

※2 通話時間が短い場合や割引サービスの加入状況などによっては通話料がお得にならない場合があります。

電話機、電話番号はそのまま使える

現在ご利用中の電話機※1と電話番号※2がそのまま使えます。もちろん110番などの緊急通報も可能です。※3

電話機、電話番号はそのまま使える

※1 ISDN対応機器、G4FAXなど、一部の電話機はそのままご利用いただけません。

※2 一部、現在ご利用中の電話番号をそのままご利用いただけない場合があります。また、現在ご利用中の電話番号をそのままご利用する場合、別途工事費がかかります。

※3 停電時は、緊急通報を含む通話ができません。0036等の電気通信事業者を指定した発信、0170(伝言ダイヤル)など、一部かけられない番号があります。

とっても便利な「スマホdeひかり電話」

ひかり電話なら、スマートフォンをひかり電話の子機として使えます。※1
「スマホdeひかり電話」対応のアプリをインストールすると、外では携帯電話、家(Wi-Fi環境)ではひかり電話の電話機として使うことができます。ひかり電話の通話料でかけることができるため、全国一律8円/3分 ※2と、とてもお得です。また、使い慣れているスマートフォンの電話帳でかけることができるのもポイントです。

※1「スマホdeひかり電話」のご利用には、「ひかり電話」のご利用に係るご契約、「無線LAN環境」、「スマホdeひかり電話対応アプリケーション」が必要です。NTT東日本が提供する機器以外の無線LAN環境でのご利用については動作保証されておりません。

※2 加入電話、INSネット、ひかり電話への通話の場合。

料金詳細
(お支払い先:NTT東日本/NTT西日本)

以下は、2016年7月時点のNTT東日本料金ページを参考に作成しております。

※NTT西日本エリアの方は、NTT西日本サイトひかり電話料金のご案内ページにてご確認ください。

※NTT東日本エリアの最新情報は、NTT東日本サイトひかり電話料金ページにてご確認いただけます。

月額料金

プラン 月額利用料 ※1 月額利用料に含まれる内容 超過後の通話料
通話料金 ※2※3 通話料繰越 付加サービス
基本プラン 500円
ひかり電話A(エース) 1,500円 480円分の通話
<最大3時間相当>
1カ月繰越 ※4 ・ナンバー・ディスプレイ ※5
・ナンバー・リクエスト ※6
・キャッチホン
・ボイスワープ
・迷惑電話お断りサービス
・着信お知らせサービス
8円/3分
安心プラン 1,400円 1,280円分の通話
<最大8時間相当>
7.2円/3分
もっと安心プラン 3,900円 4,800円分の通話
<最大30時間相当>
7.2円/3分

※「ひかり電話」のご利用には、フレッツ光(Bフレッツは対象外)の契約が必要です。

※「フレッツ光」とは「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

※1 (フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプでご利用の場合)ひかり電話対応機器は、回線終端装置またはVDSL宅内装置と一体型の場合があります。一体型の場合でも、フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ以外のマンションタイプをご利用のお客さまで、NTT東日本がレンタルで提供するひかり電話対応機器をお使いの場合、別途450円/月がかかります。

※2 ひかり電話と同時に「ひかり電話A(エース)」、「安心プラン」、「もっと安心プラン」をお申し込みの場合、ひかり電話のご利用開始日を含む月の翌月から適用となります。またひかり電話ご利用開始後にプラン変更した場合は、プラン変更のお申し込みをNTT東日本が承諾した日を含む月の翌月から適用開始となります。

※3 加入電話、INSネット、ひかり電話および法人向けひかり電話への通話が対象です。なお解約月は、日割り計算いたしません。(災害募金番組、携帯電話への通話やデータコネクトでの通信などは対象外)。月額利用料に含まれる通話料は、音声通話3分8円、利用帯域2.6Mbpsまでのテレビ電話3分15円、利用帯域2.6Mbpsを超えるテレビ電話3分100円で計算し、ご利用開始月の翌月から適用となります。「安心プラン」、「もっと安心プラン」に含まれる通話分を超えた通話料は音声通話3分7.2円、利用帯域2.6Mbpsまでのテレビ電話3分13.5円、利用帯域2.6Mbpsを超えるテレビ電話3分90円となります。

※4 翌月に使い切らなかった場合、無効となります。料金プランの変更およびひかり電話の解約時は、繰り越した通話料分は無効となります。なお、「安心プラン」、「もっと安心プラン」については翌月への繰越はできません。

※5 「ナンバー・ディスプレイ」のご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応の電話機が必要です。

※6 「ナンバー・リクエスト」のご利用には、あわせて「ナンバー・ディスプレイ」のご契約が必要です。

※上記料金表の料金に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料3円/月が必要となります(平成28年7月現在)。料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更に合わせて見直します。

通話料

区分 通話料金
国内 加入電話、INSネット、ひかり電話、および法人向けひかり電話 ※1への通話 ※2、※3 8円/3分 ※4
携帯電話 16円~17.5円/1分 ※5
PHS 10円/36~60秒
通話ごとに10円加算
他社IP電話(050)番号 10.4円~10.8円/3分
国際(例) アメリカ合衆国(ハワイ除く) 9円(課税対象外)/1分
中華人民共和国 30円(課税対象外)/1分
大韓民国 30円(課税対象外)/1分

※1 「法人向けひかり電話」とは、「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話ナンバーゲート」の総称です。

※2 ひかり電話A(エース)、安心プラン、もっと安心プランの月額利用料に含まれる通話料分の対象通話先となります。ただし、「災害募金番組」への通話は対象外となります。

※3 117、177への通話も対象です。

※4 「安心プラン」「もっと安心プラン」をご利用の場合、 月額基本料に含まれる通話料を超過した分は、7.2円/3分となります。 通話料金の詳細はNTT東日本のページにてご確認ください。

※5 株式会社NTTドコモのワンナンバー機能により着信する場合は含みません。

初期費用

初期費用は、ご利用になる付加サービス等によって工事費に幅がございますので、初期費用の一例として代表的なものを掲載しております。

ひかり電話初期費用例(現在ご利用中の加入電話を利用休止して、その電話番号1つを利用する場合 ※1)

ひかり電話交換機等工事費 加入電話の利用休止工事費 合計
3,000円
( 同番移行工事費2,000円 + 基本機能1,000円 )
1,000円 4,000円

※1 一部現在ご利用中の電話番号をそのままご利用いただけない場合があります。

※ 初期費用の詳細はNTT東日本のページにてご確認ください。

付加サービス利用料

サービス名 月額利用料 単位 「ひかり電話A(エース)」の月額基本料に含まれる付加サービス 「付加サービスセット割引」の対象になるサービス
ナンバー・ディスプレイ ※1 400円 1利用回線ごと
ナンバー・リクエスト ※2 200円 1利用回線ごと
キャッチホン 300円 1利用回線ごと
ボイスワープ ※3 500円 1番号ごと
迷惑電話おことわりサービス ※4 200円 1利用回線または1番号ごと
着信お知らせメール 100円 1番号ごと
FAXお知らせメール※3 100円 1番号ごと
複数チャネルサービス
「ダブルチャネル」
200円 1利用回線ごと
追加番号サービス
「マイナンバー」※5
100円 1番号ごと
テレビ電話チョイス定額 ※6 500円 1利用回線ごと
フリーアクセス・ひかりワイド(基本機能)※7 1,000円 1フリーアクセス・ひかりワイド番号ごと
フリーアクセス・ひかりワイド(オプション機能) 発信地域振分機能 350円 1フリーアクセス・ひかりワイド番号ごと
話中時迂回機能 800円 1迂回グループごと
着信振分接続機能 700円 1振分グループごと
受付先変更機能 1,000円 1受付変更元ごと
時間外案内機能 650円 1番号ごと
カスタマコントロール機能 無料 1フリーアクセス・ひかりワイド番号ごと
特定番号通知機能 ※13 100円 1番号ごと
ひかり電話#ダイヤル 全国利用型 ※8
15,000円
ひかり電話#ダイヤル番号ごと
ブロック内利用型 ※9
10,000円
コールセレクト ※10、※11
発着信制御利用料
500円 制御する番号(自番号)ごと
コールセレクト ※10、※11
許可番号リスト利用料 ※12
1ブロックプラン 100円 最大20件
5ブロックプラン 500円 最大100件
25ブロックプラン 1,500円 最大500件
50ブロックプラン 2,000円 最大1,000件
600ブロックプラン 10,00円 最大12,000件

※ 「ナンバーディスプレイ」、「ナンバー・リクエスト」、「キャッチホン」、「ボイスワープ」、「ダブルチャネル」の中から3つのサービスをご契約いただくと、自動的にセット割引に組み込まれ、3契約が月額800円でお使いいただけます。

※ 付加サービスを4つ以上ご契約の場合、月額利用料の高い順に3つの付加サービスが自動的に選択され、「付加サービスセット割引」が適用されます。

※ 「ひかり電話A(エース)」ご契約の場合、「付加サービスセット割引」は適用されません。

※1 「ナンバー・ディスプレイ」のご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応の電話機が必要です。

※2 「ナンバー・リクエスト」のご利用には、あわせて「ナンバー・ディスプレイ」のご契約が必要です。

※3 「FAXお知らせメール」をご契約の場合、同一電話番号で「ボイスワープ」は利用できません(別途「マイナンバー」をご契約いただくと、異なる電話番号でそれぞれのサービスが利用できます)。

※4 追加番号サービス「マイナンバー」をご利用の場合、希望される番号毎に「迷惑電話リスト」を持つ(個別契約)か、全番号に共通した「迷惑電話リスト」を持つ(共通契約)か、選択することができます。

    【参考:2番号をご利用の場合に選択可能な利用パターン】
  • ・1番号のみ「迷惑電話リスト」を利用する場合 :個別契約で、200円×1リスト=200円/月
  • ・2番号の各々に対し、「迷惑電話リスト」を利用する場合:個別契約で、200円×2リスト=400円/月
  • ・2番号に対し、共通の「迷惑電話リスト」を利用する場合:共通契約で、200円×1リスト=200円/月

※5 1電話番号ごとにユニバーサルサービス料3円/月が必要となります(平成28年7月現在)。料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更に合わせて見直します。

※6 「テレビ電話チョイス定額」は「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライトプラス」「フレッツ 光ライト」のいずれかでご利用中のひかり電話でのご利用が可能です。「ひかり電話オフィスタイプ」、「ひかり電話オフィスA(エース)」、「ひかり電話ビジネスタイプ」、「ひかり電話ナンバーゲート」(いずれも電話サービス)ではご利用いただけません。

※7 1フリーアクセス・ひかりワイド番号ごとにユニバーサルサービス料3円/月が必要となります(2016年7月現在)。料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更に合わせて見直します。

※8 東日本エリア*全域からの発信を受けることができます。なお、西日本エリアからの発信を受ける場合は、別途NTT西日本エリアにおける「フレッツ光」、「ひかり電話」および「ひかり電話#ダイヤル」のご契約が必要です(契約料・工事費・月額利用料がかかります)。詳しくはNTT東日本日本またはNTT西日本までお問い合わせください。

※9 東日本エリア*の4ブロック(北海道・東北・信越・関東)のうち、ご指定いただいた1ブロック内からの発信を受けることができます。
*北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野の計17都道県エリア

※10 「 発着信制御利用料」と「許可番号リスト利用料」の両方が必要です。必ず許可番号リストのいずれかのプランをご契約いただく必要があり、許可番号リストに何も登録されない場合であっても利用料は必要となります。

※11 お申し込み後、お客さまご自身で、ひかり電話設定サイトにて設定が必要となります。何も設定されない場合は、発着信全許可となります。

※12 許可番号20番号を1つの区切り(1ブロック)として管理します。許可番号リストに登録した番号数が20番号に満たない場合でも、1ブロックを使用したことになります。許可番号リスト利用料はいずれか一つのプランのみ契約可能です。

※13 フリーアクセス・ひかりワイドまたはNTT東日本が別に定める協定事業者の提供する着信課金機能等の提供を受けている番号に限り、ご利用いただけます。

お申し込み

フレッツ光専用オプション「ひかり電話」は、楽天ブロードバンド フレッツ光へお申し込みいただく際にオプションとしてお申し込みいただけるNTT東日本/NTT西日本のサービスです。

※ひかり電話のみのお申し込みは受け付けておりませんのでご注意ください。

お申し込み対象サービス

対象サービス 楽天ブロードバンド フレッツ光 ※

※フレッツ光を新規でお申し込みの方は、楽天ブロードバンド フレッツ光をお申し込みの際、お申し込み画面より「ひかり電話」を同時にお手続きすることができます。

※現在フレッツ光をご利用中の方、または、オプションのみのお申し込みの方は 「ひかり電話」を楽天ブロードバンドのページからお申し込みすることができません。NTT東日本/NTT西日本へお申し込みください。

PCでお申し込み

※表記の金額は特に記載のある場合を除き全て税別です。