楽天ブロードバンド: Mac OS X v10.4(新しい接続の作成) < フレッツ・ADSLの接続方法 < 会員サポート
現在地
会員サポートトップ > インターネット接続方法 > 楽天ブロードバンド フレッツ・ADSLの接続方法 > ブロードバンドルータを利用していない > Mac OS X v10.4(新しい接続の作成)

※表記の金額は特に記載のある場合を除き全て税別です。

Mac OS X v10.4(新しい接続の作成)

Mac OS X v10.4でPPPoE接続をするための設定方法をご案内します。

  • 新しい接続の作成

※以下の作業はMacOS Xおよび接続に利用する通信機器が正常にインストールされていることを前提として、NTT東日本Bフレッツニューファミリープランで利用する場合を例にして作成しています。

手順

1.画面左上のアップルマークをクリックし、表示されるアップルメニューから「システム環境設定...」を選択します。
図
2.「システム環境設定」が開きましたら、「ネットワーク」をクリックします。
図
3.「ネットワーク」が表示されましたら、「ネットワーク環境」から「新しいネットワーク環境...」を選択します。
図
4.「新しいネットワーク環境の名前」として分かりやすい名前を付けます。名前を入力したら、「OK」をクリックします。
図
5.「表示」のところで「内蔵 Ethernet」を選択します。
図
6.「PPPoE」をクリックして以下のように設定します。
図

・PPPoEを使って接続する: チェックを入れる
・サービスプロバイダ: 楽天ブロードバンド (任意)
・アカウント名:楽天ブロードバンド接続用ユーザーID
・パスワード:楽天ブロードバンドのパスワード
・PPPoEサービス名:空欄
・パスワードを保存する:チェックする
・メニューバーにPPPoEステータスを表示する:チェックする

7.「PPPoE」の設定が終わったら、任意で「PPPoEオプション」の設定を行ないます。ここでの設定項目は初期状態のままでも、接続自体には問題はありません。
図

設定を行なったら、「OK」ボタンをクリックしてオプションの設定画面を閉じ、「今すぐ適用」をクリックしてください。

8.「TCP/IP」をクリックして以下のように設定します。
図

・IPv4の設定:PPPを使用
・DNSサーバ: <空欄のまま>
※DNSサーバは自動取得されます。
設定が終わったら「今すぐ適用」をクリックします。

9.「プロキシ」をクリックし、表示された画面を以下のように設定して、「今すぐ適用」をクリックしてください。

ここは通常初期状態のままで問題ありません。特別な環境の下にある場合、もしくは接続先がある場合のみに設定してください。その際必要な情報は、通常はその環境の管理者、もしくは接続先から提供されます。

図

※「AppleTalk」の項目は通常設定の必要はありません。必要に応じて設定してください。
※「Ethernet」の項目は通常設定の必要はありません。必要に応じて設定してください。

以上でBフレッツの接続設定は完了です。左上のクローズボタンで「ネットワーク」のウィンドウを閉じ続いて、「ステップ2.設定の確認・変更」にお進みください。