※表記の金額は特に記載のある場合を除き全て税別です。

ドコモ光 IPv6プラン

IPv6接続(PPPoE)とは

楽天ブロードバンドにて、ドコモ光をご利用のお客さまを対象にIPv6アドレスによるインターネット接続が可能となります。

ドコモ光回線と楽天ブロードバンドのIPv6インターネット接続イメージ

提供エリア

全国47都道府県

※ドコモ光の提供エリアが対象となります。

対応機器について

「ホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター)」をご利用のお客さま

NTT東日本・西日本が提供している「ホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター)」には、IPv6 PPPoE接続機能が内蔵され、本機能をご利用することが可能です。

対応機器RT-500シリーズ、RP-500シリーズ、R5-50シリーズ

上記の機器をご利用のお客さまは、そのまま本機能がご利用可能です。

対応機器RT-400シリーズ、RP-400シリーズ、RV-440シリーズ
RT-S300シリーズ、RP-S300シリーズ、RV-S340シリーズ

上記の機器をご利用で、ホームゲートウェイのファームウェア更新設定を手動としているお客さまは、NTT東日本・西日本より提供の最新のファームウェアを適用後、ご利用可能となります。

※「ホームゲートウェイ(ひかり電話ルータ―)」下部で、IPv6ブロードバンドルータまたは050IP電話対応機器等をご利用いただく場合のご注意事項(同一フレッツ回線において、2セッションご利用いただいているお客さまが該当となります。uPnP接続であれば問題ありません。)
「ホームゲートウェイ(ひかり電話ルータ―)」の接続先設定の設定画面において、IPv6 PPPoEを切断・停止いただくことで、引き続きご利用いただけます。(詳しくは、NTT東日本・西日本の機能詳細ガイドをご確認ください)

「IPv6トンネル対応アダプタ」等をご利用のお客さま

「ホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター)」をご利用いただいていないお客さまについては、別途、NTT東日本・西日本が提供するIPv6 PPPoE接続機能に対応した「IPv6トンネル対応アダプタ」、もしくはIPv6 PPPoE接続機能に対応した市販機器をご準備いただく必要があります。

料金

IPv6プランのご利用に際し、追加料金は必要ありません。

ご利用までの流れ

1.「メンバーズステーション」ログイン画面にてログインします。

2.「会員メニュー」の「IPv6(PPPoE)」をクリックします。

3.注意事項を確認し、申し込み手順へ進みます。

4.お申し込みボタンをクリックします。

5.IPv6接続用の接続アカウントと接続パスワードが表示されます。

6.ルーターへの設定を完了すると、IPv6接続での通信が可能となります。

手順6で通信ができない場合(切り戻し方法)

1.IPv6プラン申し込み前に控えていた楽天ブロードバンド用接続アカウント/パスワードをルーターへ再設定します。

※IPv6サービスのお申し込み日を含む5日以内であれば切り戻しが可能です。
(例:3月1日にIPv6へお申し込みいただいた場合、3月5日中であれば切り戻し可能)

2.再度、メンバーズステーションへログインし、IPv6プランの申し込みをキャンセルします。

※注意:v6申込みキャンセルを忘れますと、v4解約が実行され通信できなくなります。